予選大会

沖縄地区

JCカップ沖縄地区予選大会結果

 第1回JCカップU-11少年少女サッカー全国大会の沖縄地区予選大会は、8月7日(金)前日まで大型台風13号の影響がありましたが、出場32チームの子供たちが夢を描き友情とグッドルーザーの精神を学びたいという思いで大型台風を吹き飛ばし、元気ハツラツの中で8月8日・9日、2日間にわたり開催されました。
 第1日目は、開会式を含め、予選リーグを8グループに分けて開催されました。試合前には、参加全32チームの代表者がチームの紹介及び地域のPRで地域間交流をする事ができました。
 午前10時からキックオフとなり6会場での予選大会なった沖縄地区予選大会は、選手たちの気迫あふれる白熱したゲーム展開で盛り上がり、台風の影響など無かったかのような事を肌で感じる時間となりました。
 出場チームが多いため、試合会場も沖縄県総合運動公園サッカー場(メイン会場)を皮切りに、泡瀬小学校、比屋根小学校で予選リーグと開催いたしましたが、応援する保護者の皆様もサポーター顔負けの声援が響いた中、第1目が終了しました。
第2日目は、名蹴会金田会長による「名蹴会サッカークリニック」が開催され、技術はもとより友情と「グッドルーザーの精神」を学ぶよい機会となり、子供達も真剣に聞き入っていました。
 午前10時から予選リーグを勝ち進んだチームが決勝トーナメントを開始しました。
優勝は激闘を制した、大山SC、グッドルーザー賞(負けても相手を称えられる強く前向きな心を持った選者)各チーム1名が輝きました。また、監督賞には開南FCの池田泰二監督が選ばれ、得点王には、比屋根FCの花城琳斗君、GK賞には、大山SCの黒木晴也君、最優秀選手賞には、これも大山SCの儀保光希君が輝きました。おめでとうございました。
 9月5日、6日大阪府J-GREEN堺での全国大会出場が決まった大山SCの選手たちには、沖縄地区の代表として、勝っても負けても相手を思いやれる大きな心と強い精神力を持って悔いの無いよう戦ってくれることを願っています。
 選手と保護者と主催者が一体となり、子供たちの笑顔と保護者からの熱い声援で盛り上がった本大会でありました。

JCカップでニッポンサイコー!!!

大会要項

【大会名称】 JCカップU-11少年少女サッカー大会 沖縄地区予選大会
【日  時】 2015年8月8日(土)・9日(日)
【会  場】 沖縄県総合運動公園サッカー場(メイン会場)
〒904-2173 沖縄県沖縄市比屋根5-3-1
TEL098-932-5114
泡瀬小学校・比屋根小学校(予選リーグのみ)
【主催・共催】 公益社団法人日本青年会議所
沖縄地区協議会
拡大人材育成委員会
【参加者総数】 選手・チーム関係者 約640名(全32チーム参加)
地区協議会関係者   約 6名
運営ボランティア   約80名

参加チーム

(1)美東FC
(2)FC泡瀬
(3)諸見RED.FC
(4)FC北谷
(5)北谷SC
(6)しまぶくFC
(7)比屋根FC
(8)FC宮里
(9)山内JFC
(10)前島SC
(11)開南FC
(12)金城イレブン
(13)若狭SC
(14)大里JFC
(15)とみしろGMC
(16)船越FC


(17)FC西崎
(18)Wウイング沖縄JFC
(19)本部JFC
(20)屋部FC
(21)羽地FC
(22)ノルテAFC
(23)古堅FC
(24)みどりキッカーズ
(25)古堅南FC
(26)赤道クラブ
(27)志真志サッカー少年団
(28)大山SC
(29)普天間フェニックスFC
(30)坂田FC
(31)SC仲西
(32)港川ファイヤーズFC

大会結果 (第1日目 天候:雨のち曇り  最高気温31℃ / 第2日目 天候:曇りのち晴れ 最高気温31℃)

優勝 大山SC

準優勝 比屋根FC

第3位 開南FC

© JCカップ