過去の大会記録

2019年大会結果

第5回JCカップU-11少年少女サッカー全国大会

関東地区代表「レジスタFC」が大会史上初となる2連覇を達成!!  

8月31日・9月1日の2日間にわたり「JCカップ U-11少年少女サッカー大会全国大会」が大阪府堺市にある「J-GREEN SAKAI」にて行われました。

まずは、株式会社ミロク情報サービス様をはじめとするご協賛頂きました企業様、ご協力いただきました堺市をはじめとする関係各所の皆様、ご引率頂きました監督・コーチ・保護者のみなさま、共催して頂きました名蹴会様、そして地区予選・ブロック予選からご協力頂きました各地青年会議所の皆様のおかげをもちまして大会を開催することができました。本当にありがとうございました。

今大会は、地区予選を勝ち抜いた10チームと招待チーム3チーム、そして韓国予選を勝ち抜いた3チームの合計16チームで行われ、関東地区代表「レジスタFC」が優勝しました!!
昨年に続きJCカップ全国大会を連覇しました!!
おめでとうございます。

2019年8月31日(土)、9月1日(日)に開催されました全国大会のメモリアル動画を

共催の一般社団法人日本サッカー名蹴会様に作成いただきました。

子供たちの2日間の熱い夏の記録を動画にて振り返りください!!

動画は下記URLより閲覧いただけます

JCカップ2019記念動画


全国大会出場16チーム紹介

1【北海道地区代表】SSS札幌サッカースクール (札幌)


2【東北地区代表】FC中山スポーツ少年団 (山形県)


3【北陸信越地区代表】長岡JYFC (新潟県)


4【関東地区代表】レジスタFC (埼玉県)

 


5【東海地区代表】FC FAMILIA (三重県)

 


6【近畿地区代表】A.Z.R(アッズーロ) (滋賀県)


7【中国地区代表】鳥取セリオフットボールクラブ (鳥取県)


8【四国地区代表】エストレーラス高知 (高知県)


9【九州地区代表】FC LIBERTA福岡 (福岡県)

 


10【沖縄地区代表】FC琉球 (沖縄県)

 


11【韓国招待枠】清州CTS (清州)

 


12【韓国招待枠】光州Wolgok FC (光州)

 


13【韓国招待枠】仁川gyeyang Black (仁川)

 


14【他大会優勝招待枠】AS.ラランジャ豊川 (愛知県)

 


15【女子チーム招待枠】北摂ガールズ (兵庫県)

 


16【開催地招待枠】新金岡FC (大阪府)

   


予選リーグ結果~

全国各地から、そして韓国からもこのJCカップの聖地である「J-GREEN堺」に16チームが集結し、運命の組み合わせ抽選のあとU-11の最高峰の舞台にふさわしい豪華なセレモニーが行われ、各コートで試合のホイッスルが鳴り響きました。

グループA:1位 A.Z.R(アッズーロ)    2位 清州CTS

      3位 FC琉球            4位 AS.ラランジャ豊川

グループB:1位 SSS札幌サッカースクール   2位 光州Wolgok FC

      3位 新金岡FC           4位 鳥取セリオフットボールクラブ

グループC:1位 FC LIBERTA福岡    2位 長岡JYFC

      3位 仁川gyeyang Black 4位 FC FAMILIA

グループD:1位 レジスタFC          2位 FC中山スポーツ少年団

      3位 エストレーラス高知       4位 北摂ガールズ

大会1日目が終わり上位2チームが決勝トーナメントへコマを進め、惜しくも届かなかった3位と4位のチームはそれぞれ3位リーグと4位リーグに分かれて2日目の大会で交流戦が行われます。


~名蹴会サッカークリニック~

名蹴会サッカークリニックでは技術指導はもちろん、改めてグッドルーザーの精神の大切さを名蹴会会長である金田 喜稔氏が自ら選手たちに伝えていただきました。


ドリームキャンプ~


☆決勝トーナメント・交流戦 大会2日目

3位、4位リーグと決勝トーナメントが行われ、決勝戦に勝ち進めたのは関東地区代表レジスタFCと近畿地区代表A.Z.R(アッズーロ)となりました。最高峰の舞台にふさわしい豪華な決勝セレモニーが行われ、U-11の日本一が決まる決勝戦が始まりました。


決 勝 戦~

3月から始まったブロック予選大会を経て・・・

6月~8月に開催された各地区予選大会を乗り越え・・・

全国各地から集まったチームの頂点に立ったのは・・・

関東地区代表レジスタFC

4 ー 1

近畿地区代表A.Z.R(アッズーロ)

関東地区代表レジスタFCが大会史上初となる2連覇を達成!!


~ 開 会 式 ~

2019年8月31日(土)第5回JCカップU-11少年少女サッカー全国大会が開催しました。

第5回という節目を迎えたJCカップは、本年度はダイバーシティの推進として韓国JCと手を取り合い、海外からも招待チームを招き入れ、過去最大となる16チームでの開催となりました。また、本年度はSDGsの推進として女子だけで構成された女子チームを招待し、女子サッカー界にもエンパワーメントを図ることで、JCカップでもジェンダー平等を達成することができました。


韓国JC中央会長杯サッカー大会

大会名:韓国JC中央会長杯サッカー大会

開催日:2019年7月27日(土)、28日(日)

参 加:8チーム

主 催:社団法人韓国青年会議所

共 催:韓国サッカー連盟

韓国JCとしては初の試みとなるサッカー全国大会が光州広域市ポラメサッカー公園で2日間にわたって開催されました。韓国サッカー連盟協力のもと5月~7月まで韓国全域で参加チームを募集し、連盟に加入している選手を条件に募集されていたので集まったチームは8チームとなりました。大会1日目の天候は雨の中で、選手たちにとっては厳しいピッチの条件となりましたが、8チームによる予選リーグが始まりました。怪我することなく無事に1日目の試合が終了し、勝ち上がった4チームが2日目の決勝トーナメントで優勝のタイトルをかけて試合が行われます。

1日目の試合が終了し、勝ち上がった4チームが2日目の決勝トーナメントで優勝のタイトルをかけて試合が行われました。大会2日目も天候は雨/曇りとなりましたが、決勝へ残ったチームは日本へ招待されることが伝えられているため、選手たちは最後まで全力でプレーしていました。

決勝へコマを進めたのは仁川gyeyang Blackチームと、光州Wolgok FCチームとなり、負けず劣らずの激しい戦いの結果、仁川gyeyang BlackWolgok FCを1-0で勝ち、見事大会初優勝のタイトルにその名を刻み、日本へ招待するチームは下記の3チームとなりました。

優  勝:仁川gyeyang Black

準優勝 :光州Wolgok FC

特別招待:清州CTS

© JCカップ