ニュース

ニュース

台風21号による被災に伴うJCカップ全国大会開催の準備状況について

2018年9月4日に台風21号の影響で、関西地方を中心に大きな被害がありました。JCカップ開催地の大阪府堺市において大雨や強風による浸水、停電、看板の落下など、大きな被害を受けています。被災状況を踏まえJ-GREEN堺は、9月5日以降の休館を決定し、復旧作業にあたるとともに、以降のスケジュールの見直しや、大会開催の可否について再調整を行うとのことです。本日、スポーツ振興支援委員会において堺市の現状を直接確認し、調整して参りましたので結果と経緯をご報告致します。

 

【調整結果】※開催日時、チームの移動手段及び移動時間に変更はございません。

◆大会会場変更  (J-GREEN堺 → sportspark東海岩室 へ変更) 
会場名:「sportspark東海岩室」  URL:http://my-experience.net/fcroman/court/senshu/sportspark.html
場所:〒590ー0112 大阪府堺市南区岩室382ー1
※8日~9日、両日ともに8:00~20:00の時間帯、2コート確保

◆宿泊施設変更  (J-GREEN堺 → ホテル・アゴーラリージェンシー堺 へ変更) 
ホテル・アゴーラリージェンシー堺 (220名100室) URL:http://www.agoraregency-sakai.com/
場所:〒590-0985 大阪府堺市堺区戎島町4-45-1
※J-GREENの宿泊施設に宿泊予定であった220名の宿泊を確保。

・上記調整結果は、大阪府、堺市、日本サッカー名蹴会、各協賛企業の皆様に賛同をいただいております。
・各地区協議会、チーム関係者、各所関係者にも情報を共有し、ご理解いただいております。
・大阪府、堺市を含むプレスリリースを明日発信致します。

© JCカップ