ニュース

九州地区

JCカップ U-11少年少女サッカー大会2019 全国大会進出チームが続々決定!!

今回の九州地区予選大会は当初、7月6日に開催予定でしたが、九州全域が猛烈な雨に見舞われ、気象庁が警戒レベルの中でも最も高いレベル5にあたる大雨特別警報を発令したため、会場の福岡まで遠征をするチームへの危険を最優先に考慮し、8月23日(金)に延期するという決断をしました。幸い、会場となった福岡フットボールセンターのご厚意により、キャンセル料もかからず、順延日のスケジュールを優先的に空けていただけました。九州地区協議会の適切で迅速な判断の甲斐もあり、参加チームに対しても特に混乱や問題も発生せずに大会を延期とすることができました。

それでも、順延日の8月23日には開会式にて特別協賛企業の株式会社ミロク情報サービス、福岡支社の支社長である塚田英樹様よりご挨拶をいただき、名蹴会クリニックも当初の予定であった釜本邦茂氏から金田喜稔氏に講師が変更になったものの、滞りなく大会を開催し、九州地区の子供たちにしっかりと“グッドルーザーの精神”を伝播することができました。

さらに、グリーンカード賞を設け、個人ではなく累計で最もグリーンカードを提示されたチーム全員に表彰を行い、グッドルーザーの精神の醸成、フェアプレイの推進、正しい行動がしっかりと評価されることによる子供たちの健全育成の一助とすることができ、JCカップとしても大会主旨をしっかりと伝え、九州地区の子供たちにとって様々な学びある貴重な大会を構築することができました。

© JCカップ